銀座のクラブで働く兼業アラサーホステス日記

銀座のクラブの大人な雰囲気が大好き♪昼間はOL・夜は派遣ホステスのアラサー女の日常

現役ホステスが語る銀座クラブホステスのお給料事情

ホステス業は意外と儲からない。

テレビドラマや雑誌の影響か、はたまた普通の人にはあまり縁のない業種だからか、ホステスはゴージャスな生活をしているイメージの人も多いけど、残念ながらそんなことはありません。

 銀座の高級クラブにいるホステスのほとんどは昼間にもお仕事を持っていて、OLとか販売員など結構普通な職業についていることがほとんどです(あとは、場所柄タレントさんのたまごも多いといえば多い)。

 

感覚値だけど、お水一本のお姉さんって1割もいないんじゃないかな。

 理由は単純で、売り上げのお姉さんとかチーママクラスになれば夜のお仕事一本でごはんも食べられるけど、ヘルプや派遣のホステスだとお給料はちょっとしたお小遣い程度にしかならないっていうのが一番大きいと思う。

 

たとえば銀座の中堅どころのクラブだと、だいたい時給3,000円くらいが相場で、お客さんの入りにもよるけど、8時から12時くらいの4時間くらいが稼働時間。

 

日給にすると12,000円(源泉徴収があるから、手取りはちょうど一万円くらい)でかなり割はいいのだけど、昼間にお仕事をしていると休前日と頑張って平日もう一日くらいというパターンがほとんどで、そうなると月に8日程度の出勤で8万円くらい

 

仮にフルで入ったとしても平日しかお仕事がないので、どんなに頑張っても毎月のお給料は20~30万円くらいで、普通に会社員をするのと大差ないか、下手したら逆に手取りは減ってしまうくらいの金額。
ここから衣装代とかヘアセット代も捻出しないといけないから、やっぱり夜のお仕事だけでごはんを食べていくのはなかなか大変。(年取ったらどんどんお酒も飲めなくなるしね。。)

f:id:nya-ring:20160712211924j:plain

売り上げのお姉さんになればもちろんもっとがっつり稼げるけど、お客さんの入り具合によってお給料が変動するので、ストレスも大きいし、営業だの接待だの勤務時間外のお仕事が増えてなかなかやっぱり大変。

 

しかも、30代前半くらいまでに固定のお客さんを持っておかないと、ある程度の年になった時点で水商売自体やってけなくなるからそれもまた大変だし、本業で夜のお仕事に専念すると履歴書に空白ができてしまうから、いざ昼間のお仕事に戻ろうと思っても相当苦労することになる。

 

最近は今まであるようで無かった水商売で働く女性の為の求人、転職サイトみたいな転職サイトも出てきてずいぶんとやりやすくはなってきたみたいだけど、やっぱりエクセルだのビジネスモデルだのから長いこと離れていると、普通の会社員の生活に戻るのは大変なんだろうと思う。

派遣ホステスのお給料事情 

かくいう私は、派遣ホステスなので銀座のクラブには週に1日行くか行かないかというところ。時給は2,900円で一回の出勤で3時間の稼働だから日給は8,700円(手取り7,830円)で、4日の出勤だから3万円くらい。

そこからヘアセット代とか雑費を引かれて最終的には手取りで2万後半くらいってとこで本当にちょっとしたお小遣いくらい。

 

気晴らしに行っているから勤まっているけど、本業にするにはやっぱりちょっと厳しいと思う。

 

ただ、昼間のお仕事では知り合えないような会社の重役さんや弁護士さん、お医者さんなんかとお話しできて、いろんなものの見方を教えてもらえたり、きれいに着飾ってお酒飲むのは楽しいから、たぶん年齢的にアウトになるか子供できたりしてお酒飲めなくなるまでは続けるんだろうなって感じ。

ホステス業は、趣味の一つくらいに考えた方が楽しく長く働ける業種だと思います。笑

 

ちなみに最近のお給料明細はこちらで公開中。笑

night-work.hatenadiary.jp

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ キャバ嬢・ホステス日記へ
にほんブログ村