銀座のクラブで働く兼業アラサーホステス日記

銀座のクラブの大人な雰囲気が大好き♪昼間はOL・夜は派遣ホステスのアラサー女の日常

僕たちはママによって性質を変えられたんだよ。

タイトルは大好きな007スカイフォールのシルヴァのセリフ(具体的な言い回しはうろ覚え)ですが、私たちは失われた10年にすっかり性質を変えられたんだよ、と思う。

007/スカイフォール [Blu-ray]

新品価格
¥920から
(2017/6/10 16:29時点)

f:id:nya-ring:20170610163131j:plain

昨日は、会社役員さんと飲んでいたのだけど、破天荒で、人たらしで、行動力があって、すごく私と似ているところも多くて、ノリが合うなぁって楽しくおしゃべりをしていたんだけど、唯一、お金に対する考え方だけが共感できなかった。

 

その人は、ちょうどバブル時代に20代の一番楽しい時期を過ごしたんだけど、バブルの時に毎月のお給料が800万だったとか、ちょっと怪しいお仕事に手を染めて何億と儲けたとかそんな話が次から次へと出てくるのね。笑

 

で、私もそこまではめっちゃ楽しくてウケる~!なんて一緒になって爆笑していたんだけど、そのお金全部、高級クラブのお姉さん口説くのに使い切っちゃって、当時の資産は今全然残ってないんだよねってあんまりにも楽しそうに言うから、びっくりしちゃった。

 

私はたぶん同世代の女子の中では平均以上に稼いでいる方だと思うし、お金もよく使うほうだと思うけど、いくら欲しいと思うものがあっても、全部のお金を使うのは怖くてしょうがないから、必ず一部は残しておこうと考える。

そもそも何かを本当に欲しいと思うこと自体、ほとんどないから高級外車を4台も持つとかそういう発想には全くならない。車なんか欲しいと思ったことは一度もないし、持つにしてもお手入れが面倒だから1台で十分だし、とにかく一事が万事、そんな感じ。

 

だからなんかそんな風に後先考えずにお金使っちゃえる感覚がなんだかとてもうらやましい。

その人のすがすがしい笑顔を見て、本気でヤキモチを焼いた夜だったのでした。笑