銀座のクラブで働く兼業アラサーホステス日記

銀座のクラブの大人な雰囲気が大好き♪昼間はOL・夜は派遣ホステスのアラサー女の日常

【ホステスのお仕事日記】お仕事のモチベーション

昨日はカジュアルなお店でお仕事。

神のように優しいママの方針で、お客様の手土産のお寿司をつまんだり、マスター特製のおつまみをいただきながらおいしいワインをいただいて、ホント至れり尽くせり。

私に出勤日数の制限がなければ、間違いなくここに在籍するのに・・・!笑

f:id:nya-ring:20170526170037j:plain

しかも、ママが人格者だからお客様もみんな上品な方ばっかりで、、在籍は無理でもせめて毎回ここに派遣されたい!!笑

 

 なかでも、気さくな感じの社長のお隣にご一緒できたのが一番楽しかったというか、私も頑張ろう❤️って元気を分けてもらった。

 

その社長は二代目の社長さんで、割と最近に先代が亡くなって、会社をいくつか引き継いだらしいのね。

 

でも、いざフタを開けてみたら、優秀だった先代の社長も体力・気力ともに衰えていたみたいで、子会社の社長とか好き勝手に会社を食い物にしていて、さすがにこのざっくばらんなブログでも書くのをためらうほど・・。笑

その部下たちもすぐ目につく上司がそんな感じだから、仕事はしないし、社内のセクハラ・パワハラもすごいし、これが21世紀の会社かって有様だったみたい。

 

まずは一番目につくとこから手を付けようって、子会社の社長をクビにしたら、一時的に経費は減って一時的に利益は増えたけど(ちなみに利益増えると一見良さそうに見えるけど、税金が増えるから会社を続けるにはかえって苦しくなるんだそう。)、ダメダメな部下しか残ってなかったから、しばらくしたら売り上げは急降下するし、優秀な人はどんどん退職して・・ってもうそれは地獄絵図みたいな状況になってしまって。

 

今のところ、赤字になってしまっているし、続けても自分にメリットないし、潰そうかなって何度も考えたらしいのだけど、考え抜いた結果、こんな悲惨な状況になってしまっても残ってくれている何人かの優秀な人を幸せにしたいのと、二代目だからどうせ何にもできないでしょっていう周りの目を跳ね返すためにやっぱり頑張ろうって思ったんだそう。

 

どん底まで追い込まれたら後は失うものもないし、幸いこの会社以外からも当面の収入はあるからと開き直って、次はこんな改革をしようと話す横顔が本当にまぶしくて、私の悩みなんてちっぽけだなぁって恥ずかしくなるほどだったのでした。

 

私もあんなかっこいい大人になりたいなぁ・・笑

 

普段は知り合うことすら難しい素敵な人と知り合えて、おしゃべりまでさせてもらえるホステス業がまた好きになった夜なのでした。

 

 

night-work.hatenadiary.jp