銀座のクラブで働く兼業アラサーホステス日記

銀座のクラブの大人な雰囲気が大好き♪昼間はOL・夜は派遣ホステスのアラサー女の日常

読書

【ホステスの読書日記】サイコパス

この間の「繊細なんです、私」アピールの舌の根の乾かぬ内に何を?と言われそうだけど、これもまた当てはまる節がありすぎてややびっくりしている一冊、「サイコパス」。 サイコパス (文春新書) 新品価格¥842から(2017/6/6 21:42時点)

【ホステスの読書日記】敏感すぎて困っている自分の対処方法

そうか、私はこれだったのか・・・!!目からウロコがぼろぼろ落ちてます。 普段、こんなイラスト装丁の本なんて絶対買わないんだけど、なんかこの本に惹かれてフラフラ手にとってしまった。 敏感すぎて困っている自分の対処法 新品価格¥1,404から(2017/6/6…

【ホステスの読書日記】不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち

当たってるところもあれば、えー全然そんなことないでしょってとこも多いけど、血液型占いよりはアテになるかな~、初めましてのお客さんとの世間話の小ネタくらいにはなるかな。。くらいの斜に構えた状態から読み始めてみたら、なんか後半の生まれ順ごとの…

【ホステスの読書日記】ディープワーク-大事なことに集中する

仕事に集中する「ディープワーク」が偉業を作り、やりがいも与えてくれるというお話。 大事なことに集中する―――気が散るものだらけの世界で生産性を最大化する科学的方法 新品価格¥1,250から(2017/5/26 16:32時点) 現代心理学の第一人者のフロイトから、マ…

【ホステスのスキルアップ】中小企業診断士、目指してみようかな。

今日は日本橋の丸善で本探し。こないだから気になってた中小企業診断士のテキストを探しに。 先日のフィナンシャルプランナーは全然縁なさそうだったけど、中小企業診断士は会社経営のイロハを学べるってことで、昼間のお仕事にも生かせるんじゃないかと興味…

【ホステスの読書日記】Discover Japan 2017.4

ニッポンブランドの秘密なる特集で、一流のモノづくりやら老舗企業やらをシズル感あるお写真で紹介。 Discover Japan(ディスカバージャパン) 2017年 04 月号 [雑誌] 新品価格¥880から(2017/3/14 20:50時点)

【ホステスの読書日記】おもしろおかしく

カエサルしかり、スティーブジョブズしかり、明らかに普通の人とは違う「天才」は時代時代に何人かずつ登場するけれど、堀場製作所の創業者のこのお方も間違いなくその一人だと思う。

【ホステスの読書日記】新・所得倍増計画

元ゴールドマン・サックスのイギリス人が客観的な視点で日本の現状を解説して、今後どうすればいいかを説く、ちょっと変わった本(と言うのも、この方裏千家茶道なんかも嗜むほどだし、ちゃんと自分で日本語で書いてる感じがするんだけど、日本人よりもよっ…

【ホステスの読書日記】日経ビジネスAssocie2017.2

今月4冊目、まずは目標クリア。 日経ビジネスアソシエ2017年2月号 新品価格¥700から(2017/1/23 21:32時点) 雑誌は本か議論は聞きたくありません。笑 night-work.hatenadiary.jp 物の値付けは販売者の自由とは思うけど、アソシエは他の雑誌と比べてずば抜け…

【ホステスの読書日記】大人の女はどう働くか?

今日も2017年の目標達成に向けて読書。 night-work.hatenadiary.jp ちなみに、食洗機買ってから家事に時間を取られすぎることもなくなったし、心の余裕も持てるようになって、我ながら時間の使い方が建設的になった気がする。人間やっぱり得意なことに集中し…

ホステスのセカンドライフプラン

な~んて、カッコ良さそうな横文字並べてみましたが、何の気なしに眺めていたプレジデント誌でオススメ副業リストwにあった「レンタル家族」がわたしの中でぐいぐい来ているという話です。 プレジデント(≒社長)なんだから副業とか検討してる場合じゃないでし…

【ホステスの読書日記】わが友マキアヴェッリ:塩野七生

2017年の目標の一つに、年間50冊は本を読もうと決めたので、新年早々読書三昧。ホントは100冊読むぞってしたかった気もするけど、慌てて読んだら何にも残らなさそうなだし、月に4冊なら無理なく頑張れるでしょうなんて目標設定時点から甘えの入った雑な決め…

ホステスの読書日記:ルネサンスの女たち

塩野先生のデビュー作。 冒頭に、最近先生自身が本書を読み返してみての前書きが書いてあって、やっぱりこの人は素敵だなぁと思う。 神は細部に宿る、と信じている私は、これまでにただの一度も、「一冊でわかる世界史」、とか、「早わかり西洋史」、とかを…

ホステスの読書日記:マキャベリ語録

君主論で有名なマキャベリの思考のエッセンスを凝縮した一冊。 解説とか注釈は一切なく(むしろ、そういうのがないと意味が通じない話は思い切ってカットしてある)、サクサク読みやすく含蓄に富んだ本です。 マキアヴェッリ語録 (新潮文庫) 新品価格¥562か…

ホステスの読書日記:クリスマスキャロル

前に読んでいたローマ人の物語シリーズをひと通り読破したので、次の本にようやく進みます。(塩野先生の本もまだ読んでないのたくさんだし、特にマキャベリ語録は気になってるからそれもまた近々読もうと思うけど。) 西洋の歴史本はそれ自体学ぶところが多…

ホステスの読書日記:30歳までに美貌とお金と幸せを手に入れる仕事術

もう読み込みすぎてボロボロになってしまった座右の書。 多分大学生のころから愛読しているんじゃないのかな~。目標の設定方法の参考にしたりとか、本当に自分が何をしたいのか考えるきっかけになったりとか、私の生き方にかなり影響大の本です。 30歳まで…