読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀座のクラブで働く兼業アラサーホステス日記

銀座のクラブの大人な雰囲気が大好き♪昼間はOL・夜は派遣ホステスのアラサー女の日常

【ライフプラン】ホステスからのステップアップ

私もそろそろ30歳。ホステスできるのも多分あと2~3年くらい(事務所の先輩たちの中には30代後半の方もちらほらいてバリバリ活躍しているけど、私の場合、そこまでお酒が強くないのと、あと数年もしたら部下も増えて、さすがにそんなに遊び歩いていられなくなりそう)。

ホステスの収入は、毎月公開しているようにそれはもう微々たるもので、物理的にはあんまり意味ないけど、「私には女性としての価値がある」という心の支え的な意味で私にとってはすっごく貴重。会社のお仕事だってお給料もらっているんだから価値には違いないだろうけど、どうしても「作業の対価」みたいな感覚なのよね。

 f:id:nya-ring:20170323131839j:image

まぁそんな私の感覚の話はさておき、とにかく「若さ」の賞味期限がもうすぐ切れるから、何かそれ以外に私の強みと言えるものを少しづつ増やしていこうと最近思い始めた。この間行ってきた、ボイストレーニングスクールしかり、読書しかり。

 

あとは話し方と教養に加えて、何か得意分野を一つ作っておけば、セミナー講師だとかコンサル業もやりやすくなるよねってことでFPと中小企業診断士でも勉強してみようかなぁなんて思ってる。

お金のことってなんとなくニガテ意識あるから、まずはFP取って肩慣らししてから中小企業診断士かなぁなんて。中小企業診断士は3~4年がかりらしいから、今から始めたらギリギリ30代前半に間に合うから、なかなかいいタイミングなんじゃないかなぁ~。とか。

 

思い立ったら即行動ってことで、さっそくFP3級のテキストを購入。まずは5月の試験目指してがんばるぞー!

【美容】メンテナンスデー

今日は月に一度の(?)メンテナンスデー。

 朝は銀座の湘南美容外科でレーザー脱毛して、午後は美容室とジム。

 

レーザー脱毛は今回で3回目だけど、前回の照射から三か月経つとやっぱりまだ毛は生えてくるね。量は始める前の半分くらいで、一本一本の毛の太さはだいぶ細くなってきたものの、毎日お手入れしないとやっぱりドレスは着れないかなって感じ。一応、5回のコースで契約しているからあと2回で卒業だけど・・・ちゃんときれいになるかやや不安。

まぁ、これでだめなら回数無制限のコースが3,000円であるから、それに変えればいいんだけど、早く面倒なお手入れから解放されたいなぁ~。

 f:id:nya-ring:20161107183427j:plain

美容室はカットのみで、いつものお兄さんに量だけ調整してもらったから、特にこれまでと変わりなし。たいてい周りからも髪切ったって気が付かれないし、よくいつ髪切っているの?なんて聞かれるほど。笑

ただやっぱり髪の重さを取って軽くすると、夜会巻も巻きおろしもすっごく快適。簡単にふんわり仕上がるもの。これでまたしばらくホステス業にも身が入ります。笑

 

あとは、もう春本番も近いし、肌の露出も増えるからきちんとしておかないとね。特に最近思うのが、足の太さをどうにかしないとってこと。鏡見るたびに最近ホントぞっとする。

night-work.hatenadiary.jp

 足がむっちりしてくると、どんなお洋服着ても野暮ったくなるし、なんだか生々しい感じがして露出度が高いお洋服が見苦しくて仕方ないのよね。

わたしの場合、そこそこ筋肉も付いてるから、さらなるトレーニングよりはマッサージかしら。。困ったものです。

 

【ホステスの食べ歩き】あつた蓬莱軒

グルメ 旅行

今日は弾丸名古屋出張。

まさかの日帰りです。笑

 

色々と見たいところ、食べたいものはたくさんだけど、時間的にごはんくらいしかイケなさそうだったので、鉄板のひつまぶしを食べにあつた蓬莱軒に行ってきました~。ここはひつまぶし発祥の店を名乗っていて名古屋県民にもかなり人気のようす(ただ、今ググったら実際のところ、お店ができたのが明治に入ってからだから、年号的にその可能性は低いみたい)。予約は受けてくれないらしいので、入れるかどうかドキドキでしたが、早めの時間だったので思っていたよりはすんなり入れたよ。

 

発祥の店かどうかはさておき、人気店なのは間違いないし、超絶おいしかったぁ~♪

f:id:nya-ring:20170311155619j:image

写真撮り忘れたけど、骨せんべいで日本酒をくいっといただいてから、ごはんにかかります。笑

気になるお味ですが・・・名古屋と東京って全然うなぎの味が違うね。東京で食べる鰻と比べて味付けが淡泊で、身も心なしかさっぱりしている感じ(ただ、でも前に福岡で食べた吉塚うなぎはこってり濃い味だったから、西東とかそういうことじゃなくて、お店の個性なのかな?)。

私的には、ノリとわさびを付けてお茶漬けにするのがとても気に入りました~!が、ご飯が多すぎて全然一人じゃ食べきれなかったので、おつまみとお酒を多めに頼んで、ひつまぶしは締めとして二人でシェアするくらいがちょうどいいのかも。。

 

蓬の字の焼き目つきのお麩が入ったお吸い物。かわいくてテンション上がる。

f:id:nya-ring:20170311155628j:image

今度はゆっくりお泊りで遊びに来たいなぁ~。

 

お腹もいっぱいになったし、一仕事してきます!

 

 

ホステス、保険を考える・・・の巻

何を隠そう、これまで自分の意思で保険に入ったことがない。

今のところ健康保険と雇用保険のみ。

 

でも、さすがにアラサーにもなって何にも備えなしはまずいかなぁなんて思い始めた。

気になり始めたら居ても立っても居られなくなり、でもネットであれやこれや調べてもインセンティブの高い保険を羅列したアフィリサイトにしか当たらない。結局私には保険いるのいらないの〜?誰かわたしにまともな意見をちょーだい!!

f:id:nya-ring:20161107185214j:plain

ってことで、フィナンシャルプランナー協会主催の無料相談会に行ってきた。

www.jafp.or.jp

結構人気みたいで、私が行こうと思い立ったときは、年末年始でみんなが休みで猛烈にヒマだったせいかどうかは分らないけど、予約は2か月待ちでした。恐るべし。

 

ちなみに、簡易的な人生設計の試算はわざわざ行かなくてもお手軽にできます。

www.jafp.or.jp

 

私みたいなアラサー独身の場合、結論としては数か月収入が途絶えても大丈夫なくらいに現金を持っているなら無理してまで保険に入ることはないというお答え。何かしら不安があってしいて、どうしても保険に入りたかったら医療保険と火災保険くらいは入っていてもいいかもとのこと。

アフィリサイト見る限り、必要がなければ保険は入らなくていいなんてお答えは全く見つけられなかったので、大きな安心を得られて大満足な一時間でした。

 

自分でフィナンシャルプランナーの資格を取ってみるのも面白いかも・・・なんてあっさり感化されて帰ってきたのでした。笑

 

【ホステスの読書日記】Discover Japan 2017.4

読書 ひとりごと

ニッポンブランドの秘密なる特集で、一流のモノづくりやら老舗企業やらをシズル感あるお写真で紹介。

Discover Japan(ディスカバージャパン) 2017年 04 月号 [雑誌]

新品価格
¥880から
(2017/3/14 20:50時点)


写真集として眺めるには十分楽しかったけど、新所得倍増論を読んで、日本はすごいってメディアがさかんに自画自賛するのは選民思想を加速させて、目の前の生産性低下から目をそらさせているという主張を知ってしまった以上、なんだかとても苦い気持ちになるのでした。

確かに、些末なことにとらわれて日本はロスが多いって視点に立ったら、国会で森友学園の話が延々追及されたり、ウェルクがどうとかってニュースがその話題ばっかりになったりとかって日本って本当に無駄が多いというか、くだらないことに時間を割きすぎている気がするよね~。森友学園DeNAも自分の規模とか社会的影響を予測していればどちらもあんなにくだらないことしなかっただろうし、一度世の中に露呈されたら誰かがうるさくつつきまわすような案件だからわざわざ国会だのニュースだので取り上げなくなっていいじゃないのと思う。

 

まぁでも、年金とか少子高齢化とか、本当に肝心なところに目を向け出したらみんな途方に暮れちゃうから現実逃避してるのよね。なんて思っておくことにする。笑

 

100年後、日本は日本のままでちゃんと機能しているんだろうか。

テンピュールまくらデビュー!

愛用品

このところ、肩こりに悩まされていて(毎日会社で朝から晩までパソコンとにらめっこしていて、帰ってきたらまたスマホでブログにちにち書いているんだから当たり前といえば当たり前すぎるんだけど)、そろそろ目と肩が限界・・・!と思って天下のテンピュール様に手を出した。

アナログ人間なので、あえてショールームに行っていろんなベッドでゴロゴロ寝っ転がりながら、お気に入りの子を選んだ(しかし、お店とネットで5,000円も違ったので、最終的にはAmazon先生でポチした。リアルなお店を構えるって土地代も人件費もかかるから気軽に値引きできないって構造があって、でもそういう構造があるから私みたいにお店で見てネットで買う人がどんどん増えて、なんだか複雑よね。リアルなお店はいずれメーカーから場所代をもらってショールームの集合体みたいにでも進化してかないと立ち行かないと思うんだけど、最終的にどうなるのかな~)。

 

私の場合、寝返りを結構激しくゴロゴロ打つので長い子にしてみた。ちなみに、かなりの細長い独特の形なので、かわいい枕カバーが見つからず、とりあえずバスタオルを掛けてる。笑

f:id:nya-ring:20170312211436j:image

テンピュール ロングハグピロー

新品価格
¥15,400から
(2017/3/12 21:08時点)

最初、買ったときまくらなんかで何か変わるんだろうかって内心かなりバカにしてたけど、さすがはテンピュール先生だね。翌朝から目覚まし時計の数分前に自然と目が覚めて、肩も首もすこぶる軽い。日中もなんだかいつもより頭も冴えているような・・。

毎日なんだかんだ一日の三分の一くらいの時間をベッドの上で過ごすわけだから、枕以外もベッドマットとかちょこちょこお金をかけていこうと思ったのでした。

 

【ホステスの読書日記】おもしろおかしく

読書 教養

カエサルしかり、スティーブジョブズしかり、明らかに普通の人とは違う「天才」は時代時代に何人かずつ登場するけれど、堀場製作所の創業者のこのお方も間違いなくその一人だと思う。

企業経営は何事もオープンにして、皆が当事者意識を持てるようにするのがうまくいく秘訣と説く(ただこれって口で言うのは簡単だけど、実際に実行に移すとなると並大抵な努力じゃできないよね・・・利益出てても出てなくてもついつい隠したくなっちゃう。笑)。さらに、社員を愛情もって叱る・合理的な仕組みを作ると続く。神田昌典先生の「ABC(当たり前のことを・バカになって・ちゃんとやる)」を思い出しつつ、頭で分かっているのと、実際にやるのは全然違うもんね~なんて耳が痛い気分。

 

そして何より、上品ながらも親しみやすさとちくりと毒のある京都弁。お気に入りの一冊です。

おもしろおかしく 人間本位の経営

新品価格
¥1,620から
(2017/3/12 11:58時点)

 

ところどころで挟まれる来客者を社員と間違えて叱り飛ばしたなんて笑い話と、独特の理論も楽しい。

人間の能力は40代が最高でしょう。知恵が回り、経験も豊富。肉体的にも強い。40代こそ社長業に徹し、50歳からの10年は次期社長のフォローに専念する。そして60代になれば役員を返上し、経営から離れるのが理想です。

この50歳定年説なんかは面白半分、本当に早くそういう世の中になってくれたらいいなぁと思う。

 

その反面、

最近痛切に感じるのは「いい物を作れば売れる」という時代ではなくなったこと。たとえるなら腹いっぱいの人に料理を食べてもらうようなものです。 

だとか、

老人は皆、夜な夜な若い女性と酒を飲んで、ピチピチ元気に暮らしてもらう。そうやってはしゃいでいたら、コロリと逝く確率が高まる。コロリと逝けば家族は喜ぶし、老人介護や老人保健が要らんから国も助かる。「お年寄りは無理させたらあかん」という人は国賊やで。笑 そういう人が国の財政をめちゃくちゃにしとんねん。

なんてすごく的を得た発言もふしぶしにちりばめられていて、もうこの優秀な人はこの世にいないんだなぁと思うと寂しい気分。